スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャンブルが引き起こすマイナス感情

ギャンブル依存者が陥る精神状態についてです。
パチンコを続けていると精神の崩壊や歪みを引き起こします。

パチンコを続けると歪んだ精神状態を引き起こし
それがパチンコのめり込みや依存症などに繋がります。

歪んだ精神状態こそが心の病気を発病する代表的な原因なのです。

○焦燥感
○自己嫌悪
○現実逃避
○幼児化 幼児退行
○自他未分化

例を挙げると

自己嫌悪が他人への依存度を助長し
ギャンブル依存から抜け出させなくします。

負けているときの焦燥感からの精神不安によって現実逃避し
思考が停止してしまい。

安易に快楽を得られるパチンコに依存してしまうなど様々です。


○焦燥感

焦燥感とは努力が報われず燃え尽きたようになる状態です。

目標をもって行動していたのに思っていた期待と
結果が大きく離れたときに襲われる症状です。

バーンアウトとも言われる燃え尽き症候群でも
焦燥感が症状を悪化させます。

期待して社会に出たのに想像とまったく
違った現実を知ってしまったときなどに

引き起こされる状態も当てはまります。

五月病といえば分かりやすいかもしれません。

焦燥感を感じることにより何に対しても気力がなく
覇気がなくなり強い虚脱感に襲われます。

○自己嫌悪

自己嫌悪とは自分のことが自分で嫌になる状態で
自分が求める理想と現実とのギャップに悩まされた結果

仕事や恋愛などあらゆることに失敗したときにおこる症状です。

テストで例えてみると100点を狙っているひとが
60点をとると自己嫌悪におちいってしまいますが、
30点で満足の人が60点をとっても自己嫌悪にはなりません。

理想と現実とのギャップが自己嫌悪をまねきます。

自己嫌悪とは自分に対して嫌悪感をもつようになってしまい、
常に自分の存在を嫌悪、否定している状態に落ち込むことです。

何をするのにも楽しさなど見出せず。
うつ病などの病気にも深く関係してきます。

また、常に自分を責め続けているため自分に自信が持てず、

後ろ向きでネガティブな感情に支配され
批判や愚痴などの行動が目立ちます。

そのほかにも自分で自分を褒めることができないから

他人の目が気になってしまい、
行動基準が自分ではなく他人に依存してしまいます。

他者の意識が自分の存在の証明となっているので
他者がどういう風に自分を見ているのか気になり
嫌われたくないことに神経をすり減らします。

この状態が続くと、
ありのままの自分をさらけ出すことができなくなり、

無理をして他者からの良い評価が得られるような
行動を取るようになります。

その結果、自己嫌悪だけでなく
他者依存や現実逃避などの歪みに繋がっていきます。

○万能感 (完璧主義者)

万能感とはパチンコをしない一般の人でも
完璧主義の人などにも見られる感情で、

自分の思考を過大評価し現実と妄想のとの
区別がつかなくなってしまう状態のことです。

他者に対して口調が命令系になり
常に自分の考えが正しいと考えています。

他人のあらばかりを探し他人を不幸にする考え方です

この歪みをもったパチンカーに対して禁パチをすすめると

自分がはまっているものを否定されたくない気持ちと
やめたくてもやめられないジレンマでパチンコを肯定します。

それどころかパチンコの素晴らしさを説こうとします。
もちろんその理論はただの屁理屈です。

しかし声を荒げていうので、
周囲の人は徐々にパチンカーから離れていきます。

行き過ぎた万能感を持つと
他者に対して怒りをあらわにするなどし、

現実が愉快なものなら自意識をさらに肥大させ、

不愉快なものなら
他者に対して怒りや恨みをもつ状態になります。

これらは力をもった自己中心的な人が陥りやすい感情です。

行き過ぎた万能感、
それはギャンブルのめり込みからの回復を邪魔します。

自分が病気という自認を認めない否認の原因や
他人に対して謙虚な姿勢や感謝の気持ちがもてなくなります。



●現実逃避

依存症者は自分の本来の姿はこんなはずではないという
気持ちから現実逃避を求めます。

なぜ現実を直視できなかったり、
将来を考えることができなくなったり
自分の都合のいい事しか受け入れなくなったりするのでしょうか?

なぜ現実逃避を求める状態に陥るのかと言うと

認めたくない現実から逃れるため
思考停止し快楽物質に依存します。

現実逃避によって自分の置かれている現状を把握しょうとせず

絶対に使ってはいけないお金や、
借金までして賭博をしてしまい

どうにもならない状況に陥いります。

そうなった状態になったときに犯罪や自殺を選ぶ人もいます。


早い話がパチンコで借金があるのに
パチンコをしている時点で思考停止の状態です。

なぜ自分がその状態に陥ったのかを考えようともしていません。

パチンコにのめりこんだ人は現実逃避を繰り返します。

パチンカーは現実を受け入れることができなく
現実逃避するためにパチンコを求めています。

パチンカーはパチンコをしている間だけは何も考えずに
ドキドキ感や幸福感などを得ることができます。

しかしパチンコを終えて待っているのは現実逃避したい現実です。
多額の借金や社会からの孤立が待っています。

それを受け入れられないため
再度パチンコに行くことを繰り返します。

パチンコで現実逃避をする理由は
非現実世界の中では嫌なことはすべて忘れ去ることができて

そして現実世界では得られない
幸福感を得ることができるからなのです。


●幼児化 幼児退行

『ギャンブルは麻薬』というサイトで
パチンカーの行動特性を『幼児化』と

表現して分かりやすくパチンカーの精神や
行動特徴を表しているので引用させていただきます。

--------------------------------------------------------
ギャンブルの快楽は現実を忘れさせてくれるので、
現実逃避の手段としてギャンブルを行うのが一般的だ。

現実逃避をなぜしなければならないかといえば、
現実の悩みやストレスを克服できないからだと考えられる。

現実の克服に失敗したとき
人は過去の行動形式に戻ることがある。

退行と呼ばれるこの現象は、人間のあらゆる異常行動を
理解するうえでヒントとなる。

ギャンブルに依存する者は、過去の思考・行動形式に戻ることで
現実から得ることができない充足を得ようとするのだ。

これは、自らの力で環境に作用して快楽を獲得する
大人の行動形式と比べると、まったく正反対の行動だといえる。

受動的な立場にたって、自分の現実的な努力とは無関係に
当たりの快楽を得ようとする。

この行動形式は幼児のものに違いない。

幼児は無力な存在なので、
自らの力で快楽を得ることができない。

母親の庇護を一方的に必要とする。

つまり、周りの環境が一方的に自分に仕え、
自分では何一つ努力することなく快楽を獲得することができる。

幼児期の行動形式に戻り、
ただ受動的な快楽を得ることで充足したい心理。
これこそが、人をパチンコ店に向かわせているのだろう。

考えてみると、すがるようにパチンコ台に座り、
当たりを求めて際限なく金をつぎこみ、当たりがくると満ち足りた
表情をするパチンカーというのは、母親の乳房をすう幼児のよう。

---------------------------------------------------------
                  引用 パチンコは麻薬

この理論を初めて目にした時まさにその通りと
おもわずうなずいてしまいました。

第三者の目から見た場合に幼児退行という様子は
まさに適した分析だと考えます。

人はパチンコをすることにより幼児化し、
規範、道徳心の欠片もない、わがままな子供に退行してしまいます。

受動的な立場にたって、自分の現実的な努力とは無関係に当たりの

快楽を得ようとする行動形式は
幼児からまったく成長していない状態です。

パチンコをするということは人間性の成長を止め、
幼児に退行してしまします。

不満や嫌なことを自分で処理できない状態になってしまいます。


○自他未分化 

自分と他人の区別がついていない状態
他人を認めることができず自分の意見が全てと思ってしまいます。

未分化のまま成人すると自分以外の思い通りにならないものに
常に怒りと恨みが湧き出るようになります。
そして、それらを上手に自分で消化できず
心の病や依存物質に頼るのです。

子供は成長するにしたがって、
まずは親と自分が別個の存在であることに気づき

そして他者とは違った考え方をもつ存在と知ることになります。

しかし、
この自分と他人との区別ができないまま大人になってしまうと

心の中が不満や否定的なことでいっぱいになり
人間関係も上手に築くことができません。

さらに他人との関係において思い通りに支配するか、
そうできずに恨みを抱えるかという権力関係になりやすく、

上か下かでしか他人との関係を築けません。

自他未分化ができないまま成人した場合、
自分と他人また他人の集合体の社会が思い通りにならず
世間に対して強い怒り、嫉妬、妬みを持つようになります。

そしてそのストレスから心の病気にかかってしまうのです。


●これらの精神の歪みが
自己嫌悪や現実逃避、幼児化などこれらのマイナスな感情や状態を
持っていることにより、ギャンブル依存から抜け出させなくします。

日々の自己嫌悪から心の病の発病。
負けているときの焦燥感からの精神不安によって現実逃避し
安易に快楽を得られるパチンコに依存してしまっています。

パチンコを続けていると精神の崩壊や精神の歪みを引き起します。
それが依存につながり、挙句の果てには回復の邪魔をします。
スポンサーサイト
依存カウンター
出版物のお知らせ
電子出版のお知らせ
Twitter ツィッター
ギャンブル止めます!
ランキングにご協力ください!
禁パチ強化月間! 1日ワンクリックにご協力ください↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
カテゴリ
姉妹サイト
パチンコ依存症からの回復 匿名性保持、秘密厳守、ハンドルネームでの相談治療可能! http://sakurasakuhappy.com/index.html

パチンコ完全否定 禁パチ実現!パチ完全否定! 読めばパチンコするのが馬鹿らしくなる!!!
http://kinpagakuin.blog16.fc2.com/
パチンコ完全否定!
パチンコ完全否定!業界の裏側も大暴露! パチンコ店の元店長が語る衝撃の真実が!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。