スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコに関与する脳内物質

ギャンブル依存症はWHO世界保健機構の国際疾病分類で習慣および衝動の障害に分類され、病的賭博として認定されています。

ということは、パチンコがやめられないのは個人の嗜好を通り越して病気なのです。

この、パチンコが止められないという症状を解明しようと、脳の働きを詳しく分析してどのような状態になるのかを調べた医師がいます。

その分析結果では、パチンコをしているときは通常とは違う脳内物質が分泌されていると発表されています。

主に関係の深い脳内物質としてエンドルフィン、ドーパミン、セロトニンの存在が確認されており、現在の調査で分かっているのはパチンコをする人ほどドーパミン、エンドルフィンの増加量が多くセロトニンの量が少ないということです。

パチンコをしている人は分かると思いますが、パチンコをすると食欲の低下がおこり空腹感がなくなります。更には、帰宅してからの疲れ、次の日の虚脱感などを引きおこします。

この症状はただの疲れではなくエンドルフィンやドーパミンなどの脳内麻薬が分泌され覚醒状態になっているからなのです。

これがパチンコは麻薬であり依存物質と言われる由縁です。

エンドルフィンには安らぎと快楽をもたらす効果があり、痛みや疲労などを受けると、それを和らげる目的のために分泌されます。その鎮痛効果による快楽をを求めるように依存するのです。

逆に脳内快楽物質である ドーパミンは行動の活性化を促します。

パチンコで大当たりを得た直後の脳内では、ドーパミンの大量放出が検出されており、このドーパミンの放出こそが金銭のバランス感覚を崩壊させ、パチンコに嵌り込んでしまう病的現象を引き起こしているのだと考えられています。

そして、鬱病や依存症に深く関わる物質にセロトニンというものがあります。これは精神面に大きな影響を与える神経伝達物質です。

普段からセロトニンの分泌量が少ない人間は、精神的に不安定で快楽に依存しやすい傾向があり、依存物質にはまりやすいといわれています。

そのため不足すると、うつ病などの精神疾患に陥りやすくなります。

脳内物質のセロトニンとは気分を調節し、安らぎやストレスのうけながしを与えると言われており、このセロトニンが不足するとイライラやムカムカなどの情緒不安定を引き起こします。

これとは逆にセロトニンの分泌量が多いと、やる気や集中力が増し、肯定的で前向きな考えを持ち、明るい性格になるといわれています。

絶対に勝てないと分かっていても我慢出来ないのは、セロトニンが減少し、自分自身に抑制が効かないのです。
これらの脳内物質を利用してパチンコ防止に役立てるためには、セロトニンの活性を妨げる生活習慣を改善することが推奨されています。

特別なことは何もありません。朝起きて太陽の光を浴び、適度な運動とバランスの良い食事を摂るなど、規則正しい生活を心がけてください。

正しい生活リズムを刻むことがなによりの回復となります。正しい回復方法は生活を正すことから始まります。
また仕事の都合上それが難しい場合でもサプリメントなどで補充することもできます。

セロトニンの分泌量を正常値に戻すことが禁パチに効果的なのです。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村

姉妹サイトです。ぜひご覧下さい↓
パチンコ完全否定ブログ村

スポンサーサイト
依存カウンター
出版物のお知らせ
電子出版のお知らせ
Twitter ツィッター
ギャンブル止めます!
ランキングにご協力ください!
禁パチ強化月間! 1日ワンクリックにご協力ください↓
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村
カテゴリ
姉妹サイト
パチンコ依存症からの回復 匿名性保持、秘密厳守、ハンドルネームでの相談治療可能! http://sakurasakuhappy.com/index.html

パチンコ完全否定 禁パチ実現!パチ完全否定! 読めばパチンコするのが馬鹿らしくなる!!!
http://kinpagakuin.blog16.fc2.com/
パチンコ完全否定!
パチンコ完全否定!業界の裏側も大暴露! パチンコ店の元店長が語る衝撃の真実が!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。